>> 烏龍茶の素晴らしさのヒミツ

なぜ、ウーロン茶というの? 〜「烏龍茶」という名前の由来! 烏龍茶(ウーロンちゃ)は、中国茶のうち青茶(せいちゃ、あおちゃ)と分類され、茶葉を発酵途中で加熱して発酵を止め、半発酵させた茶だそうです。

中国語でいう「青」は「黒っぽい藍色」を指す。青茶に対して、緑茶は茶葉を摘んだ直後に加熱するため発酵の過程がなく、紅茶は完全に発酵させたものを乾燥させたものである。

一説により、烏龍茶という名前は中国広東省で製茶されたお茶の形状や色が烏のように黒く、龍のように曲がりくねっているため名付けられたといいます。

なぜ、ダイエット効果も期待されてるの? 〜役目になっている仕組みが...ウーロン茶重合ポリフェノール(Oolong Tea Polymerized Polyphenols;OTPP)という烏龍茶特有のポリフェノールが含まれていて、これは脂肪の吸収を抑え脂肪分解を促進する働きがある為、ダイエットに良いと言われています。近年ではその効果が注目され、健康食品としても飲用されます。

この素晴らしい効果が、日本医療栄養センターの資料により、ウーロン茶重合ポリフェノールには脂肪の吸収(消化管からの)を抑え、脂肪分解を促進する働きがあり、飲みつづけると総コレステロール値、中性脂肪が減少すると報告され、再度判明されました。

ウーロン茶ポリフェノールの働き!ウーロン茶ポリフェノールとは、ウーロン茶に含まれるポリフェノール成分で、抗酸化力が強いです。ウーロン茶の茶葉は、緑茶の茶葉と同じく植物カメリア・シンネンシスの葉から作られますが、ウーロン茶は茶葉を作る過程で、お茶に含まれるポリフェノール成分であるカテキンの重合が進む為、カテキンのうち半分ほどはカテキンの重合体に変わっています。 この重合によ
り、食べた脂肪を消化・吸収させずに体外に排出させるカテキンの作用が高まると考えられています。

ウーロン茶ポリフェノールは、血管内の脂肪分解酵素リパーゼを活性化するので、中性脂肪が、いち早く遊離脂肪酸へと分解されるのを手助けすることとなります。 ウーロン茶ポリフェノールには、体脂肪の燃焼や活性酸素の減少糖尿病の抑制美肌効果もあるといわれています。そのためウーロン茶ポリフェノールは、脂肪分解を促進する働きがあり、筋肉細胞に遊離脂肪酸を取り込み、エネルギー源として利用するため、飲みつづけると総コレステロール値中性脂肪が減少します。さらに、糖尿病の抑制美肌効果もあるといわれています。

なぜ、標高の高い山で摘まれた烏龍茶は、甘味がでているの? 〜それが温度差にかかわります!標高の高いところには、日差しがあたったり、霧がかかったりする時の寒暖の差が激しいわけです。このような温度差が激しい環境で育って行くと、大自然よりの養分などの精華がしっかりと茶葉の中にしみ込むのです。様々な精分を吸収した茶葉で作られたお茶がもちろん美味しいです。

色々な良さが集まった最高級の烏龍茶は、今☆大山茶芸教室☆にて限定で発売致します!!只今、普通の烏龍茶より、さらに精製して、質がわりに高級な「凍頂四季春烏龍茶」・「梨山烏龍茶」・「福寿梨山烏龍茶」数量限定で提供しております。

僅かな在庫の為、お買い求めはお早めにホームページにてよろしくお願い致します。

ページの先頭へ戻る

  ・商品のご案内はこちらへどうぞ